サービス

介護保険に加入している人は、いざ介護が必要となった場合に、現物給付として介護や支援サービスを受けることができます。実際にはどのようなサービスを受けることができるのか、また、そのサービスの利用方法などをご紹介させていただきます。

介護保険のサービスを受けられる人

介護保険のサービスを受ける為には要介護者として認定される必要があります。家族や自分では介護や支援が必要だと思っていても、要介護の認定を受けれなければ介護保険のサービスを受けることはできません。

サービスを受けられる要介護認定区分としましては、大きくわけて要介護、要支援、特定高齢者(要介護非該当に含まれる)の3つに分類されます。

要介護とは

要介護とは日常生活を送るうえで、立ち上がることや歩くことが困難であったり、排泄や食事をする時に介助が必要、または寝たきりの人等、一人で生活するのが困難な人が認定される可能性があり、介護保険より介護給付を受けることができます。

要支援とは

65歳以上の人で、本来は介護及び支援共に必要がないと判断された人でも、特定検診等により今後一人での生活が困難になり、介護や支援を受ける可能性がある人が認定され、介護予防サービス(地域支援事業)を受けることができます。

サービスを受ける為に

要介護、要支援を認定された人は、実際に介護保険よりサービスを受けることができるようになります。では、受けるサービスはどのように決められるのでしょうか。

介護保険では自分で利用するサービスを決めることができますが、一般的には介護支援専門員(ケアマネージャー)の作成した介護サービス計画(ケアプラン)を基に、どのようなサービスを利用するのか相談して決めることが多いようです。

介護保険で受けられるサービス

介護保険の給付を受け利用できるサービスは、要介護認定によりその人が受けた認定区分により実際に受けられるサービス等が決まります。

サービスの分類は大きく分けて、居宅(在宅)サービス、施設サービス、地域密着型サービス、介護予防サービスがあります。

要介護認定で受けられるサービス

要介護認定を受けた人は、居宅サービス、施設サービス、地域密着型サービスを受けることができます。

要支援認定で受けられるサービス

要支援認定を受けた人は、居宅サービス、地域密着型サービス、介護予防サービスを受けることができます。

特定高齢者が受けられるサービス

特定高齢者は介護予防サービスを受けることができます。

サービスの内容

各サービスの概要をご紹介いたします。

居宅サービス

居宅サービスとは、介護や支援を必要としている人は自宅にて生活を行い、自宅にホームヘルパーや看護師、理学療法士等が訪問して直接の介護や日常生活を送る為の、支援や看護、リハビリテーションを行うサービスのことであり、介護施設等に通い日常生活を一人で送れるよう歩行、食事訓練やリハビリテーションを行うこともできます。

また、歩行器や車椅子、介護ベッド等を借りる為の費用や、入浴補助機具等の購入費用、手すり等をつける住宅改修費用等を負担するサービスを受けるとことができます。

施設サービス

施設サービスとは、自宅での生活が困難な人の為に介護施設に入所していただき、その施設の費用が負担されるサービスです。

介護施設には生活上の看護を受けたり、生活機能を取り戻すためのリハビリテーションを受けたり、病院に入院しているのと同様の医療行為を受けることができる施設まであります。

地域密着型サービス

地域密着型サービスとは、介護を必要とする人ができるだけ今までの生活していた環境と、変わらない環境で介護サービスを受け生活できるようにという願いからできたサービスです。

同様の症状の人と一緒に生活をするグループホームへの入所や、夜間の訪問介護サービス、小規模な介護施設への入所や通い利用等のサービスがあります。

介護予防サービス

介護予防サービスは特定高齢者と認定された人が受けられまして、介護や支援を必要とせずに日常生活をいつまでも元気に送れるように、体力の回復や維持を目的としたサービスです。

通いや訪問による運動、リハビリテーション、栄養食事指導や口腔ケア等のサービスを受けることができます。