訪問入浴介護

訪問入浴介護とは訪問入浴サービスとも呼ばれています。訪問介護の入浴介助とはどのような違いがあるのでしょうか。

訪問入浴介護(訪問入浴サービス)とは

訪問入浴介護は介護保険の居宅サービスにあたり、介護給付と予防給付で受けることができるサービスです。介護給付では訪問入浴介護、予防給付では介護予防訪問入浴介護と言います。

訪問入浴介護が3人体制で行われるのが多いのに対して、介護予防訪問入浴介護では2人体制で行われることが多いです。

利用者の自宅に専用の訪問入浴車にて訪問し、利用者の入浴を介助するサービスのことを訪問入浴介護と言います。

訪問介護の入浴介助サービスとの違い

訪問介護にも入浴介助サービスはありますが、訪問入浴介護は自宅のお風呂での入浴が困難な人に対して専用の浴槽を使い行われます。

自宅のお風呂での介助入浴ができないということは、重度の介護を必要とした人の利用者とも言えまして、訪問介護入浴を行うサービス員は看護師1名と介護職員(ホームヘルパー等)が2名(介護予防訪問入浴介護では1名)の1チームで行うことが多いです。

なお、主治医の許可があれば介護職員のみで行われることもあり、その場合は利用料が割引されることがあります。

訪問入浴介護サービスの流れ

訪問入浴介護は、まず訪問入浴車にて利用者の自宅まで伺います。そして、専用の浴槽を利用者の自宅内まで運び入れます。

利用者が寝たきりの人等の場合は、主にベッドのある部屋に浴槽がセッティングされます。入浴の前に看護師による利用者の体調確認が行われ、万が一、体調が思わしくない場合には入浴サービスを行えない場合もあります。そして、入浴が行われますが、この際看護師も含めチーム全員で利用者の体を洗います。

なお入浴前後のベッドまでの移動、脱衣、着衣も介護職員により行われます。最後に看護師により再度利用者の体調確認が行われ、訪問介護入浴サービスが完了されます。

訪問入浴介護のメリット(効果)

自宅での入浴が困難な人は訪問入浴介護サービスを利用しない限りは、体を拭くことしかできない可能性が高いと言えます。

訪問入浴介護サービスの一番の目的は利用者の体を清潔に保つことであることは間違い無いと思いますが、それだけではなく一般の人がお風呂に入るのと同様に、介護を必要としている人にも様々な有益な効果があると考えられます。みなさんも体を洗う為だけにお風呂に入っていると言えますでしょうか?

身体に及ぼす効果

体を清潔に保つということは、介護を必要としている人にとってはとても大切なことであり、様々な病気(床ずれ、皮膚病等)の予防、発見に繋がります。

また、温かいお湯に浸かることにより血行が良くなり、新陳代謝も活発になるので、体内老廃物の解消等の効果も期待できます。

精神に及ぼす効果

みなさんもお風呂に入ると落ち着いた気分になりますよね。利用者も同様に温かいお湯に浸かることによりリラックスした気持ちになることができます。

また自由に体を動かせないということは大きなストレスの要因であり、ベッドの上よりもお湯の浮力により動かしやすい体は、利用者のストレス解消とリハビリテーションへの意欲を掻き立てる効果もあります。

ハーブや入浴剤等を利用することによるさらなるリラックス効果を望む事業所等もあります。