通所リハビリテーション

通所リハビリテーションとはデイケアとも呼ばれます。通所リハビリテーションがどのようなサービスなのかを、通所介護との違い等からみていきましょう。

通所リハビリテーションとは

通所リハビリテーション(デイケア)とは、介護保険の居宅サービスにあたり、介護給付、及び予防給付にて受けることができます。

老人保健施設や病院、診療所等に併設された施設にて通所介護(デイサービス)と同様に、入浴、食事、排泄等の介助サービスを受けることができ、主目的がリハビリテーションである日帰りで受けることができるサービスです。

通所リハビリテーション(デイケア)と通所介護(デイサービス)の違い

通所リハビリテーションと通所介護の大きな違いは、リハビリテーションを主目的としていることです。

通所介護でもリハビリテーションが行われることもありますが、通所リハビリテーションでは専門の機材をそろえた施設もあり、医師や看護師、理学療法士、作業療法士等の専門家の指導の下で本格的なリハビリテーションを受けることもできます。

どのような人が受けるのか

通所リハビリテーションサービスは身体的に麻痺等の障害が有る人や、認知症や躁鬱病等の精神的な障害が有る人がリハビリテーションにより、日常生活を送れるようになるまで回復をすることを目的として受けることが多いようです。

通所リハビリテーションの自己負担額

通所介護と同様に、食費やおやつ代、おむつ代が別途かかりまして、施設利用料金は通所介護よりも少し高く設定されていることが一般的です。

通所リハビリテーションのメリット

通所リハビリテーションは通所介護と同様に、日常生活上の行動である、入浴、食事、排泄等の行動訓練を行うことにより、生活機能の向上を図り介護や支援無しでの自立した生活を送ることができるようになることが目的です。

人材や設備が充実

デイサービスセンターよりも看護師、理学療法士、作業療法士等の医療従事者の数も多く配置されていることも多く、病院にあるような器具を用いたリハビリテーションを行うこともできます。

精神科医師やソーシャルワーカーによる利用者へのコミュニケーションケア等もあるので、デイサービスよりも身体的、精神的な回復が望めます。

円滑なコミュニケーション

もちろんデイサービスセンター同様にレクリエーションを通じてのリハビリテーションも行われまして、家族以外とのコミュニケーションを取る事ができ、協調性を持ち、規則正しい生活を送ることができるようなることも望めます。通所リハビリテーションは介護と看護が連携した理想的なサービスであると言えます。

通所リハビリテーション施設の抱える問題

通所リハビリテーション施設では、通所介護と同様に日常的な介護業務も行う必要があります。

介護職員と看護師がスタッフとして介護、リハビリテーションを行いますが、通常介護に時間を取られてしまい思うようにリハビリテーションを進めることができないという問題もあります。

住んでいる地域のデイサービスセンターに通うことができないため、デイケアを利用せざるを得ないという問題もあります。介護職員及び、看護師等の医療従事者不足は色々な施設で言われていることであり、私達の生活、命に関わる重大な問題なのです。