介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は老人病院や療養病床とも言われまして、介護老人福祉施設、介護老人保健施設と同様に介護保険における施設サービスにあたり、2012年(平成24年)に廃止が決まっている施設です。
ここでは介護療養型医療施設がどのようなサービスなのか、廃止による問題等を見ていきましょう。

介護療養型医療施設とは

介護療養型医療施設(老人病院、療養病床)とは、介護保険の介護給付により受けられるサービスであり、その特性により療養型病床群と痴呆疾患療養病棟にわかれます。

運営は主に医療法人にて行われておりまして、病院に併設している施設が多いようです。病院に入院している状態とほぼ変わらない医療行為を受けつつ、介護を受けながら生活を送ることができる施設です。

どんな人が利用できるのか

病気や怪我による入院で治療が済み症状が安定してきた人で、その後も長期に渡って療養が必要と判断された人が利用することができます。

主に医療行為が必要な人は療養型病床群に入所し、認知症等の精神的な治療を必要とする人の中でも症状が重い人が痴呆症疾患療養病棟に入所します。

どんなサービスを利用できるのか

介護保険における他の施設サービス同様に、食事、排泄、入浴等の介護を受けることができ、介護老人保健施設よりも医療看護を目的とした施設であり、その人の症状に応じた内科系、精神科系、リハビリテーションを主とした施設等もあります。

どんな施設でサービスを受けられるのか

介護療養型医療施設は、他の施設サービス同様に個室、多床型タイプの部屋がありますが、個人の希望と共に、その症状により個室タイプを利用せざるを得ない場合があります。

居室の他に設備としては、共同の食堂、浴室、談話室、リハビリテーションを行う為の機能訓練室等があります。介護老人保健施設よりも医師や看護師の配置人数が多く、栄養士、理学療法士や作業療法士はもちろん、薬剤師が常駐している施設も珍しくはありません。

介護療養型医療施設の自己負担額

介護療養型医療施設は介護保険の施設サービスの中では最も施設利用費用が高く設定されております。主に医療行為、療養を目的とした施設なので、その為施設の利用費用が高くなってしまうと思われます。他の施設サービス同様に、食費や部屋タイプによる居住費、日常生活で必要とされる日常生活費等が別途かかります。

介護療養型医療施設のメリット

介護療養型医療施設では、介護保険の他の施設サービスとは違い主に医療療養を目的としておりますので、慢性的な病気(糖尿病)や認知症等の精神疾患による徘徊等の症状がある人でも入所することができる施設です。

医師が常駐しており、また、病院に併設している施設が多いことから安心できる環境にて療養生活を送ることができます。

介護療養型医療施設の問題

2012年(平成24年)に廃止が決まっている介護療養型医療施設ですが、その背景としましては、医療行為をあまり必要としない利用者による長期入所(社会的入院)という問題があります。

利用者の目的不統一による弊害

介護療養型医療施設には、一般の外来診療を行っている施設もあり、介護目的ではない通常の医療入院用施設と併設して介護療養施設が存在している場合もあります。

医療行為を必要としないまで回復したとしても、その後の受け入れ先が無い等の理由により、病院に留まらざるを得ない利用者と、医療保険により治療を目的とした人が同様の施設にて入院しているのが問題であり、そもそも医療行為をあまり必要としない利用者は、介護保険の施設サービスである介護老人福祉施設や介護老人保健施設へ入所し、介護を受けながら生活を送るのが正当な施設利用の仕方であるという見解のようです。

現段階でさえ介護老人福祉施設の利用待機者が多数おり、また、看護師不足の現状での介護老人保健施設の医療行為の負担増等からも、介護療養型医療施設に入所していた人のその後の受け入れ先が決まらないことが懸念され、十分な介護を受けることができない人(介護難民)が増加する可能性があり、今後の政府の対応が求められる問題と思われます。