福祉住環境コーディネーター

介護保険制度では、介護を必要とする人が住み慣れた自宅で過ごすことを目的としたサービスが多数あります。
しかし、いくら住み慣れた自宅とはいえ、介護を必要とする状態においては、決して住みやすいとは言えない住宅が多いのも事実です。それらの問題を解決するのが福祉住環境コーディネーターなのです。

福祉住環境コーディネーターとは

高齢者の増加に伴い介護施設が飽和状態であることや、社会的入院の問題等もありますが、それ以上に施設ではなく住み慣れた自宅で老後を過ごすことを希望する高齢者が多いということでもあります。

公的資格

福祉住環境コーディネーターとは国家資格ではなく公的資格ですが、2001年に厚生労働省より介護保険の給付である居宅介護住宅改修費の申請に係わる理由書を作成する専門職として、ケアマネージャー、作業療法士等と共に認定されている人気の資格です。

福祉住環境コーディネーターは、介護や医療はもちろん、建築に関する知識や介護、福祉に関する制度等の幅広い知識を必要とする職業であり、その専門的な知識を活かして、介護、医療関係者や建築業者等と連携し、高齢者や障害のある人が住みやすい住宅や施設等の設計を提案したり、福祉用具の利用方法のアドバイス等も行います。

福祉住環境コーディネーターの資格

福祉住環境コーディネーターの資格は1級、2級、3級と別れておりまして、試験は年に2回(1級は1回)市区町村の商工会議所にて行われております。2級と3級に関しましては受験資格がありませんが、1級の試験を受けるには2級の資格を取得している必要があります。

3級は高齢者社会における福祉と住宅に関する基礎的な知識を必要とする入門的な資格です。

2級からは居宅介護住宅改修費の申請理由書を作成することができ、3級の知識に加え介護や建築はもちろん、福祉用具に関する専門的な知識も必要とし、求人等では2級以上の有資格者の募集が多いようです。

1級は2級の知識を基に、住宅や介護施設等の居住者(利用者)が快適に生活を送れるよう、新築や改修などの際に介護、福祉の面より計画、提案をすることができる知識を必要とされます。

建築士やケアマネージャーによる福祉住環境コーディネーター資格取得

福祉住環境コーディネーターの資格を取得することにより、福祉環境整備に関する仕事に就くことはできますが、他の資格を持つ人が福祉住環境コーディネーターの資格を取得することも少なく有りません。

介護施設等では利用者が高齢者や障害を抱えている人が大多数であり、バリアフリーの環境が整っているのが当たり前であるイメージがありますが、一般の住宅ではバリアフリーの環境が整っている住宅はごく一部しかありませんでした。

しかし、近年では介護、福祉の関心が高まり一般の住宅や、ホテル等でもバリアフリーの環境を整えることが多くなっております。その為、1級建築士有資格者が福祉住環境コーディネーターの資格を取得する人が増えております。

また、介護保険制度の給付を受けることにより利用できる、居宅介護住宅改修や福祉用具貸与、販売等のサービスをコーティネイト、アドバイスする役割であるケアマネージャーや介護福祉士、ホームヘルパー等が専門的な知識を補うために福祉住環境コーディネーターの資格を取得することも珍しくありません。

福祉住環境コーディネーターの仕事

福祉住環境コーディネーターは、ハウスメーカー等の住宅関連業者、介護保険施設、行政機関、医療機関、福祉用具等を扱う企業等、様々な職場に従事しており、一般の住宅から介護関連施設、病院や地域の施設まで、介護を必要とする人が快適に過ごせるよう、介護職員、医療従事者、建築業や行政等に従事する人と連携して職務を行います。

意識しなければ気付きませんが、駅や公共の施設等にて車椅子で利用出来るようにスロープができていたり、ビジネスホテルやリゾートホテルでも、部屋の中やトイレ、温泉にいたるまで介護を必要とする人が利用しやすいように改築されている施設などが多数あります。

軽度の介護を必要とする人が、不自由な体と過ごしにくい環境に悲観し、重度化することは少なくないので、福祉住環境コーディネーターにより住み慣れた自宅はもちろん、公共機関からリゾート施設等にいたるまでバリアフリー化されることにより、要介護者の行動はもちろん心の状態までケアされると言っても過言ではありません。