介護・仕事

介護保険に係わる様々な仕事、資格をご紹介させていただきましたが、ご紹介した仕事意外にも介護保険の給付による受けることができるサービスに係わる仕事は多数あります。
簡単ではありますが、このページではご紹介しきれなかった介護保険に係わる仕事、資格をご紹介いたします。

医師

介護保険の給付を受ける高齢者には医療行為を必要とする人も多く、施設サービスである、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設では、医師の配置が義務として規定されています。介護療養型医療施設での従事数が最も多く、通所介護施設等にも従事しております。

看護師

医療補助行為を行える看護師は、医師以上に介護保険に関連した施設にて従事しております。

施設サービスはもちろん、居宅サービスである訪問看護、訪問入浴介護、短期入所生活介護等様々なサービス施設の指定基準に看護師の配置が義務付けられております。

柔道整復師

柔道整復師は介護保険に関連する施設で配置の義務はありませんが、通所介護施設や介護老人福祉施設等に従事しています。

主にリハビリテーションやマッサージ等の施術を行い、有資格者が介護職員として働いていることも多いようです。

作業療法士に比べるとその従事者数は少ないのですが、柔道整復師資格保持者は5年以上の実務経験を有しているとケアマネージャーの試験を受けることができるので、柔道整復師とケアマネージャーの資格を保持している人も少なく有りません。

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は柔道整復師と同様に介護保険に関連する施設にてリハビリテーション等を行います。柔道整復師よりは従事者数は多いようです。実務経験の有無によるケアマネージャーの受験資格を得られるのも柔道整復師と同じで、ケアマネージャーとあん摩マッサージ指圧師として兼業している人が多いようです。

生活相談員(支援相談員)

生活相談員や支援相談員は施設などに常駐し、利用者や家族からの介護に関する相談に応じたり、施設の入退所の手続き等を行います。生活相談員という資格自体は無く、社会福祉士及び、社会福祉主事等が主に業務にあたるようです。実際の現場では介護職員の人手が足りなく、相談員の業務以外にも利用者に対する介護業務などを行うことも多いようです。

栄養士・管理栄養士

栄養士、管理栄養士は介護保険の施設サービスに指定されている施設には配置義務があり、多くの資格保持者が従事しております。主な業務は食事のメニュー管理であり、実際に食事を作る調理員や給食業者と連携しながら業務を行います。また施設利用者の食事の介護を行い、その利用者の状態に適したメニューの確認や食事量等も把握し、医師や看護師、介護職員等から情報提供を受け適切なメニュー計画を経てます。

調理員・調理師

施設の利用者の食事は施設外の業者に委託する場合と、施設にある調理設備により食事を賄う場合があります。調理員は一般の飲食店での調理とは違い、管理栄養士や栄養士の指示の下、調理を行います。特に資格は必要有りませんが、施設によっては調理師免許取得者を従事させることが多いようです。

歯科衛生士

歯科衛生士は決して多くはありませんが、通所介護施設等にて要介護者の口腔ケアを主な業務として行っております。歯や入れ歯、歯ぐきや舌等口腔内のケア、歯磨きの指導等はもちろん、口の周りの筋肉が衰えることで口腔内に障害が発生する可能性が高くなることから、口の周りのマッサージや動かす体操等による障害予防も行います。